太陽光発電システムのメリットとデメリットを知ろう

注目されている太陽光発電

太陽光発電システムは、住宅工事のひとつですが、設置しているだけで電気を作り出すことができます。年々設置台数も増えており、非常に注目されています。今回は、そんな太陽光発電のメリットやデメリットについて詳しく解説していきます。

太陽光発電のデメリット

  • 発電量にムラがある
  • 初期費用を負担しないといけない場合がある
  • メンテナンスが必要

太陽光発電システムのメリットとデメリットを知ろう

葉っぱ

太陽光発電システムの設置費用

太陽光発電システムの設置費用は、ケースバイケースで値段が大きく変わります。エスコシステムズなど、一般向けに設置している会社の料金を見てみると、100万円~300万円となっています。屋根の形状やパネルの種類によって費用が変わるので、これだけ差があるのです。

役立つ補助金

日本は、太陽光発電などの自然エネルギーを利用した発電を促進しています。もっと一般家庭に太陽光発電システムが普及するよう、設置にかかる費用の一部を補助金で負担してくれるのです。国だけでなく、地方自治体で実施している地域もあります。自分が住んでいる地域に補助金制度がないか調べてみるといいでしょう。

一括比較サイトを利用しよう

群馬など全国各地に太陽光発電を行っている会社があります。その中から利用する業者を選ぶのは難しいでしょう。費用で会社を選ぶとするならば、一括比較サイトの利用をおすすめします。一括比較サイトは、希望しているパネルや大きさなどの条件を入力するだけで、複数業者に見積もりを取ってくれます。なので、一番安い業者を簡単に見つけることができます。

太陽光発電を設置する4つのメリット

光熱費を節約できる

太陽光発電を設置して発電することにより、家庭で使用する電気を購入せずに済みます。最近電力会社の提供している電気は値上がりの傾向にあります。ですが、自分達が蓄電した電気を使うことにより、値上げなどが関係なくなります。

電気を売れる

太陽光によって作られた電気は、売ることができます。家庭で使用しきれなかった分の電気は基本的に売ることになるでしょう。電気を売ったお金を、太陽光発電の設置費用の支払いに回すことができます。

災害時にも使える

台風などにより電線が断線してしまい、電力の供給がストップしたとしても、太陽光発電システムがあれば、電力を作ることができます。なので、電気に困ることはありません。停電で冷蔵庫の中身をダメにしてしまうこともなくなるでしょう。

年々下がる設置費用

太陽光電池は、年々開発が進み性能が向上しています。それに伴い太陽光絵電池自体の価格が落ちてきています。太陽光電池が一般向けに販売され出したころに比べると、7割ほどの金額になっています。

広告募集中